Kintarou, cuento tradicional japonés

にほんのどうわ、きんたろう

 

むかし、あしがら山の山おくに、きんたろうという男の子がおかあさんといっしょにすんでいました。

おとうさんはさかたのよしいえというさむらいでしたが、てきにつかまってころされてしまいました。

「どんなことがあってもきんたろうをりっぱなさむらいにしなくちや。」

おかあさんはあかんぼうのきんたろうをだいて、山おくへにげました。

おかあさんはほらあなにかくれてきんたろうをそだてることにしました。

たべものがないので、山のくだものや木のみをとってくわせました。

いつのまにかきものはぼろぼろになり、まるでやまんばのようなすがたになりました。

それでもひっしになってきんたろうをそだてました。

おかあさんのおかげで、きんたろうはすくすくとそだち、げんきな男の子になりました。

きょうも山のどうぶつをあつめてすもうのけいこです。

どうぶつたちをつぎつぎとなげとばしたきんたろうがいいました。

「こんどはくまがあいてだ。さあ、こい!」

くまがいきおいよくきんたろうにくみつきました。

どっちもつよくてなかなかしょうぶがつきません。

それでも、えいっ!というかけごえといっしょにくまがなげとばされました。

すもうにあきると、きんたろうはどうぶつたちといっしょに山のなかをあるきまわりました。

木のぼりめいじんのさるには木ののぼりかたをおしえてもらいました。

あしのはやいしかには山みちのはしりかたをおそわりました。

たに川にいる大きなこいもきんたろうのともだちでした。

かわらにとびだしたとき、きんたろうにたすけてもらったからです。

きんたろうはこのこいにまたがり、たきのぼりをしました。

いきおいよく川をのぼっていくきんたろうは、まるで水のなかをはしっているようにみえました。

雨のときは、どうぶつたちとほらあなであそびました。

きんたろうはのねずみやりすにもたべものをわけてあげました。

きがやさしくて力のつよいきんたろうはどうぶつたちのにんきものです。

おかあさんは、そんなきんたろうをみて、

「どうかりっぱなさむらいになれますように。」

とかみさまに手をあわせました。

山ではおいしいたべものがたくさんとれました。

あけびとりやきのことりはうさぎやきつねがてつだいました。

山いもほりはいのししやしかがてつだいました。

木のみをおとすのはさるとりすのしごとです。

くまとたぬきがたきぎをあつめました。

きんたろうのすむほらあなは、ふゆになってもたべものやたきぎが山のようにつんでありました。

なんねんかすぎて、あしがらやまにまたはるがやってきました。

ある日、きんたろうはどうぶつたちをひきつれ、山のたんけんにでかけました。

まさかりをかついだきんたろうがくまにまたがり、そのあとからさる、うさぎ、たぬき、きつね、いのしし、しかがつづきます。

きんたろうのかたにはりすとのねずみがのっています。

みんなうれしくてひとりでにむねがわくわくしてきます。

しばらくいくと、ふかいたにの上にでました。

下をみたら川がごうごうと音をたて、白い水けむりをあげています。

「よわったぞ。これじゃむこうのがけへわたれない。」

きんたろうがいいました。

どうぶつたちもがっかりしてかおをみあわせました。

くまが大きな木をたおしてはしにしようとしました。

でもいくらおしてもびくともしません。

いのししがおもいきり木にぶつかりました。

それでもえだがすこしゆれただけでした。

「よし、おいらがやってみる。」

きんたろうが木のまえにたちました。

「それっ!」

きんたろうはりょう手で力いっぱい木をおしました。するとどうでしょう。

木はたちまち音をたててかたむき、がけとがけをむすぶようにしてたおれました。

どうぶつたちがとびあがってよろこびました。

そのとき、うしろでこえがしました。

「なんて力のつよいこどもだ。」

きんたろうがふりむいたら、おともをつれたさむらいがたっていました。

「わしはみなもとのらいこうというもの。どうだ。わしのけらいにならないか。」

「おいらをさむらいにしてくれるのか。」

きんたろうはびっくりしてききかえしました。

「おまえならつよいさむらいになれる。」

らいこうがいいました。

きんたろうはらいこうたちをつれてほらあなへもどりました。

さむらいになりたくても、おかあさんやどうぶつたちとわかれるのはもっとかなしいことです。

それでもきんたろうはきっぱりといいました。

「おいらは日本一のつよいさむらいになる。」

「よかった。。。。。。」

おかあさんはなみだをこぼしてよろこびました。

きんたろうはらいこうについてみやこへいくことになりました。

どうぶつたちはかなしそうなかおできんたろうをみおくりました。

「ありがとう。みんなのことはけっしてわすれないよ。おかあさん、きっとむかえにきます。」

きんたろうはなんども手をふりながらあしがら山をおりていきました。

みやこへいったきんたろうはやがてりっぱなさむらいになり、名まえもさかたのきんときとかえました。

そしてみなもとのらいこうのゆうめいな四人のけらいのひとりになり、おおえ山にすむおにをたいじしたそうです。

日本の童話、金太郎

 

むかし、足柄山の山奥に、金太郎という男の子がお母さんと一緒に住んでいました。

お父さんは坂田義家と言う侍でしたが、敵に捕まって殺されてしまいました。

「どんな事があっても金太郎を立派な侍にしなくちゃ。」

お母さんは赤ん坊の金太郎を抱いて、山奥へ逃げました。

お母さんは洞穴に隠れて金太郎を育てることにしました。

食べ物がないので、山の果物や木の実を取って食わせました。

いつの間にか着物はボロボロになり、まるで山姥の様な姿になりました。

それでも必死になって金太郎を育てました。

お母さんのおかげで、金太郎はすくすくと育ち、元気な男の子になりました。

今日も山の動物を集めて相撲の稽古です。

動物たちを次々と投げ飛ばした金太郎が言いました。

「今度は熊が相手だ。さあ、こい!」

熊が勢い良く金太郎に組み付きました。

どっちも強くてなかなか勝負がつきません。

それでも、えいっ!という掛け声と一緒に熊が投げ飛ばされました。

相撲に飽きると、金太郎は動物たちと一緒に山の中を歩き回りました。

木登り名人の猿には木の登り方を教えてもらいました。

足の速い鹿には山道の走り方を教わりました。

谷川にいる大きな鯉も金太郎の友達でした。

河原に飛び出したとき、金太郎に助けてもらったからです。

金太郎はこの鯉にまたがり、滝登りをしました。

勢い良く川を登って行く金太郎は、まるで水の中を走っているように見えました。

雨の時は、動物たちと洞穴で遊びました。

金太郎は野鼠やりすにも食べ物を分けてあげました。

気が優しくて力の強い金太郎は動物たちの人気者です。

お母さんは、そんな金太郎を見て、

「どうか立派な侍になれますように。」

と神様に手を合わせました。

山では美味しい食べ物が沢山取れました。

アケビ穫りやキノコ穫りは兎や狐が手伝いました。

山芋掘りは猪や鹿が手伝いました。

木の実を落とすのは猿とりすの仕事です。

熊と狸が焚き木を集めました。

金太郎の住む洞穴は、冬になっても食べ物や焚き木が山のように積んでありました。

何年か過ぎて、足柄山にまた春がやって来ました。

ある日、金太郎は動物たちを引き連れ、山の探検に出かけました。

まさかりをかついだ金太郎が熊にまたがり、その後から猿、兎、狸、狐、猪、鹿が続きます。

金太郎の肩にはりすと野鼠がのっています。

みんな嬉しくてひとりでに胸がわくわくしてきます。

しばらく行くと、深い谷の上に出ました。

下を見たら川がごうごうと音を立て、白い水煙を上げています。

「弱ったぞ。これじゃむこうの崖へ渡れない。」

金太郎が言いました。

動物たちもがっかりして顔を見合わせました。

熊が大きな木を倒して橋にしようとしました。

でもいくら押してもびくともしません。

猪がおもいきり木にぶつかりました。

それでも枝が少し揺れただけでした。

「よし、おいらがやってみる。」

金太郎が木の前に立ちました。

「それっ!」

金太郎は両手で力一杯木を押しました。

するとどうでしょう。

木はたちまち音を立てて傾き、崖と崖を結ぶようにして倒れました。

動物たちが飛び上がって喜びました。

その時、後ろで声がしました。

「なんて力の強い子供だ。」

金太郎が振り向いたら、お供を連れた侍が立っていました。

「わし源頼光と言うもの。どうだ。わしの家来にならないか。」

「おいらを侍にしてくれるのか。」

金太郎はびっくりして聞き返しました。

「おまえなら強い侍になれる。」

光が言いました。

金太郎は光たちを連れて洞穴へ戻りました。

侍になりたくても、お母さんや動物たちと別れるのはもっと悲しいことです。

それでも金太郎はきっぱりと言いました。

「おいらは日本一の強い侍になる。」

「よかった。。。。。。」

お母さんは涙をこぼして喜びました。

金太郎は光について都へ行くことになりました。

動物たちは悲しそうな顔で金太郎を見送りました。

「ありがとう。みんなのことはけっして忘れないよ。お母さん、きっと迎えに来ます。」

金太郎は何度も手を振りながら足柄山を下りていきました。

都へ行った金太郎はやがて立派な侍になり、名前も坂田金時と変えました。

そして源頼光の有名な四人の家来の一人になり、大江山に住む鬼を退治したそうです。