Tsuru no Ongaeshi, cuento tradicional japonés

にほんのどうわ、つるのおんがえし

 

むかし、山のなかですみをやいている、まずしいわかものがいました。

ちらちらゆきのふる、さむい冬の日のことです。

わかものは、ながいあいだためたお金で、ふとんをかいにまちへでかけていきました。

はずんだこころで山をおりていくと、かたわらのしげみのなかで、ごそごそ音がしました。

「はて、きつねでもいるのかな?」

そっとようすをうかがうと、白い大きなはねがみえました。

「つるだ。つるがわなにかかっている。まて、まて。いまたすけてやるぞ。」

わかものはかわいそうにおもって、あしにかかったわなをはすそうとしました。

そこへ、りょうしがあらわれました。

「なにをする。おまえはわしのえものをよこどりしようというのか。」

りょうしは、わかものをにらみました。

「かわいそうだから、にがしてやってくれ。いやなら、ここにお金がある。このつるをうってくれぬか。」

わかものは、ふとんをかうお金をりょうしにわたしました。

「さあ、もうこんなところへくるんじゃないぞ。」

わかものはそういって、つるを空へにがしてやりました。

「くうーー」

つるはうれしそうにひとこえなくと、わかもののあたまのうえを大きくまわって、空へきえていきました。

つるをみおくると、もうまちへいくようじはありません。

わかものはきたみちを、ゆっくり山へもどっていきました。

つぎの日のあさのことです。

みたこともないほどうつくしいむすめが、やってきました。そして、

「わたしをよめさんにしてください。」

と、いうのです。

「とんでもねえ。わしは、このとおりびんぼうなすみやきじゃ。よめさんをもらっても、くわせることもできない。」

わかものはことわりましたが、むすめは、

「あなたのよめさんにしてくれたら、いくらまずしくてもかまいません。」

そういって、わかものとくらすことになりました。

わかもののくらしは、すっかりかわりました。

あさめをさますと、いろりにはもうあたたかい火がもえていました。

かおをあらっていると、

「ごはんができましたよ。」

と、きれいなよめさんがよびます。

よめさんは山のなかにある、おいしいたべものをよくしっていて、じょうずにつくります。

いえのなかもきれいにかたづいて、しごともどんどんはかどっていきます。

「わしのところへよめがくるなんて、ゆめみたいなはなしだ。」

わかものは、しあわせそうでした。

ある日のことです。

「うらのこやをかたづけていましたら、ほこりをかぶったはたおりがありました。わたしにはたをおらせてください。そのかわり、はたをおっているあいだは、けっしてなかをのそかないでください。」

よめさんはそういって、こやへはいると、とをしめました。

ぎいっぱったん、ぎいっぱったん

よるもひるも、こやのなかからぬのをおる音が、きこえていました。

「おなか、すかんのか。すこしやすんでめしをくったらどうじゃ。」

わかものはしんぱいをして、そとからこえをかけました。

けれども、へんじはありません。

わかものは、ますますしんぱいになりました。

なんどもこやのとをあけようとしましたが、じっとがまんをしていました。

四日めになって、やっとこやのなかからよめさんがでてきました。

よめさんはすっかりやせて、ふらふらしていました。

やせおとろえて、くびばかりながくかんじられました。

「こやのなかに、おりあげたぬのがあります。それをまちへうりにいってください。きっとたかいねでかってくれます。」

「そんなことは、どうでもよい。わしはおまえのからだがしんぱいじゃ。」

わかものがいうと、よめさんはにっこりほほえみました。

「わたしのことは、しんぱいなさらずに。さあ、はやくわたしのいうことをきいてください。」

わかものはぬのをもって、まちへでかけていきました。

おみせのしゅじんは、そのぬのをみて、びっくりしました。

「ほほう、これはすばらしい。いままでみたこともないぬのじゃ。八十りょう、いや百りょうだしましょう。こんどもってこられたら、二百りょうでかいあげましょう。」

めのまえに、百りょうのこばんをつまれて、わかものはからだがふるえるほど、おどろいていました。

「わしにも、いよいようんというものがむいてきたんだ。いえにかえったら、すぐまたぬのをおらせよう。」

せなかのつつみには、ずっしりとおもい百りょうのお金があります。

いままでみたこともないお金です。

わかもののこころはすっかりかわってしまいました。

山のなかのいえへもどると、わかものはめをかがやかせながら、よめさんにはなしをしました。

「もういちどだけじゃ。そしたらふたりでまちへでて、大きなやしきをたてて、いつまでもおもしろおかしくくらすのじゃ。」

「わたしは、あなたとふたりで、ずっとこのままのくらしがしたいのです。まちへなどいきたくはありません。」

よめさんはしずかにいいました。

けれどもわかものはききません。

「それほどあなたがいうのでしたら、あといちどだけおりましょう。こんどもぬのがおりあがるまで、けっしてのぞかないでください。」

よめさんはそういって、またこやへはいっていきました。

ぎーいぱったん、ぎぎーいぱったん

こやのなかから、はたをおる音がきこえてきます。

まえよりよわよわしい音でしたが、わかものにはわかりません。

わかものはいろりのまえにねころんで、おさけをのみながらまっています。

ぎーいぱったん、 ぎぎーいぱったん

ところが、こんどは四日めのゆうがたになっても、まだはたの音がしていました。

「なにをぐずぐずしているんだろう。」

わかものはたちあがると、こっそりこやのとをあけて、なかをのぞきこみました。

「ややっ。これは、なんとーー」

わかものはおどろいて、たちすくみました。

なんと、こやのなかでいっしんにはたをおっているのは、一わのやせたつるでした。

つるはくちばしで一ぽん一ぽんからだからはねをぬいて、ぬのをおっていたのです。

「いまやっと、おりあがりました。けれども、こんなすがたをみられては、もうここにいられません。わたしは、あなたにたすけていただいたつるです。さあ、このぬのをまちへもっていって、しあわせにくらしてください。さようなら。」

つるはそういうと、はねのぬけたつばさをいたいたしそうにひろげ、

「くるるーー」

ひとこえないて、空へとびたっていきました。

「お金などいらぬ。わしがわるかった。

いままでどおり、ふたりでこの山の

なかでくらそう。だから、だから、

もどってきておくれーー」

わかものはなきながら、いつまでも空にむかってさけびつづけていました。

日本の童話、鶴の恩返し

 

むかし、山の中で炭を焼いている、貧しい若者がいました。

ちらちら雪の降る、寒い冬の日のことです。

若者は、長い間貯めたお金で、布団を買いに町へ出かけていきました。

はずんだ心で山を下りていくと、かたわらのしげみの中で、ごそごそ音がしました。

「はて、狐でもいるのかな?」

そっと様子を伺うと、白い大きな羽が見えました。

「鶴だ。鶴が罠にかかっている。まて、まて。今助けてやるぞ。」

若者はかわいそうに思って、足にかかった罠を外そうとしました。

そこへ、猟師が現れました。

「何をする。お前はわしの獲物を横取りしようというのか。」

猟師は、若者をにらみました。

「かわいそうだから、逃がしてやってくれ。いやなら、ここにお金がある。この鶴を売ってくれぬか。」

若者は、布団を買うお金を猟師に渡しました。

「さあ、もうこんな所へ来るんじゃないぞ。」

若者はそう言って、鶴を空へ逃がしてやりました。

「くうーー」

鶴はうれしそうに一声なくと、若者の頭の上を大きく廻って、空へ消えていきました。

鶴を見送ると、もう町へ行く用事はありません。

若者は来た道を、ゆっくり山へ戻っていきました。

次の日の朝の事です。

見たこともないほど美しい娘が、やってきました。そして、

「私を嫁さんにしてください。」

と、言うのです。

「とんでもねえ。わしは、このとおり貧乏な炭焼きじゃ。嫁さんをもらっても、食わせる事もできない。」

若者は断りましたが、娘は、

「あなたの嫁さんにしてくれたら、いくら貧しくてもかまいません。」

そう言って、若者と暮らす事になりました。

若者の暮らし、すっかり変わりました。

朝目を覚ますと、囲炉裏にはもう暖かい火が燃えていました。

顔を洗っていると、

「ごはんができましたよ。」

と、綺麗な嫁さんが呼びます。

嫁さんは山の中にある、おいしい食べ物をよく知っていて、上手に作ります。

家の中もきれいにかたづいて、仕事もどんどんはかどっていきます。

「わしの所へ嫁が来るなんて、夢みたいな話だ。」

若者は、幸せそうでした。

ある日の事です。

「裏の小屋をかたづけていましたら、ほこりをかぶった機織りがありました。私に機を織らせて下さい。そのかわり、機を織っている間は、けっして中をのそかないでください。」

嫁さんはそう言って、小屋へ入ると、戸を閉めました。

ぎいっぱったん、ぎいっぱったん

夜も昼も、小屋の中から布を織る音が、聞こえていました。

「お腹、すかんのか。すこし休んでめしを食ったらどうじゃ。」

若者は心配をして、外から声を掛けました。

けれども、返事はありません。

若者は、ますます心配になりました。

何度も小屋の戸を開けようとしましたが、じっと我慢をしていました。

四日めになって、やっと小屋の中から嫁さんが出てきました。

嫁さんはすっかり瘦せて、ふらふらしていました。

瘦せ衰えて、首ばかり長く感じられました。

「小屋の中に、織りあげた布があります。それを町へ売りに行って下さい。きっと高い値で買ってくれます。」

「そんなことは、どうでもよい。わしはおまえの体が心配じゃ。」

若者がいうと、嫁さんはにっこりほほえみました。

「私のことは、心配なさらずに。さあ、早く私の言う事を聞いて下さい。」

若者は布をもって、町へ出かけていきました。

お店の主人は、その布を見て、びっくりしました。

「ほほう、これは素晴らしい。いままで見た事もない布じゃ。八十両、いや百両出しましょう。今度もってこられたら、二百両で買い上げましょう。」

目の前に、百両の小判を積まれて、若者は体が震えるほど、驚いていました。

「わしにも、いよいよ運というものが向いてきたんだ。家に帰ったら、すぐまた布を織らせよう。」

背中の包みには、ずっしりと重い百両のお金があります。

いままで見た事もないお金です。

若者の心はすっかり変わってしまいました。

山の中の家へ戻ると、若者は目を輝かせながら、嫁さんに話をしました。

「もう一度だけじゃ。そした二人で町へ出て、大きな屋敷を建てて、いつまでも面白おかしく暮らすのじゃ。」

「私は、貴方と二人で、ずっとこのままの暮らしがしたいのです。町へなど行きたくはありません。」

嫁さんは静かに言いました。

けれども若者は聞きません。

「それほど貴方が言うのでしたら、後一度だけ織りましょう。今度も布が織りあがるまで、けっしてのぞかないで下さい。」

嫁さんはそう言って、また小屋へ入っていきました。

ぎーいぱったん、ぎぎーいぱったん

小屋の中から、機を織る音が聞こえてきます。

前より弱々しい音でしたが、若者には分かりません。

若者は囲炉裏の前に寝転んで、お酒を飲みながら待っています。

ぎーいぱったん、 ぎぎーいぱったん

ところが、今度は四日めの夕方になっても、まだ機の音がしていました。

「何をぐずぐずしているんだろう。」

若者は立ち上がると、こっそり小屋の戸を開けて、中を覗き込みました。

「ややっ。これは、なんとーー」

若者はおどろいて、立ちすくみました。

なんと、小屋の中で一心に機を織っているのは、一羽の瘦せた鶴でした。

鶴はくちばしで一本一本体から羽を抜いて、布を織っていたのです。

「今やっと、織りあがりました。けれども、こんな姿を見られては、もうここにいられません。私は、貴方に助けて頂いた鶴です。さあ、この布を町へ持って行って、幸せに暮らして下さい。さようなら。」

鶴はそう言うと、羽の抜けた翼を痛々しそうに広げ、

「くるるーー」

一声ないて、空へ飛び立っていきました。

「お金などいらぬ。わしが悪かった。

今までどおり、二人でこの山の中で暮らそう。だから、だから、戻ってきておくれーー」

若者は泣きながら、いつまでも空にむかって叫び続けていました。