Momotarou, cuento tradicional japonés

にほんのどうわ、ももたろう

 

むかし、 むかし、 あるところにおじいさんとおばあさんがいました。

おじいさんが山へ木をきりに行けば、おばあさんは川へせんたくにでかけます。

「おじいさん、 はようもどってきなされ。」

「おばあさんもきをつけてな。」

まい日やさしくいいあってでかけます。

ある日、 おばあさんが川でせんたくをしていたら、つんぶらこつんぶらこ、ももがながれてきました。

ひろってたべたら、 なんとも おいしくてほっぺたがおちそう。

おじいさんにもたべさせてあげたいとおもって、

「うまいももこっちゃこい。にがいももあっちゃいけ。」

といったら、どんぶらこどんぶらこ、でっかいももがながれてきました。

おばあさんはよろこんで、 ももをいえにもってかえりました。

ゆうがたおじいさん が山からもどってきました。

「おじいさん、 おじいさん、 うまいももをひろったでめしあがれ。」

おばあさんがきろうとしたら、ももがじゃくっとわれ、ほぎゃあほぎゃあ、男のあかんぼうがとびだしました。

「こりゃあたまげた。」

「なんちゅうげんきなあかんぼうだ。」

ふたりはあわてておゆをわかすやらきものをさがすやら。

ふたりはこの子にももたろうという名前をつけ、 それはそれはだいじにそだてました。

ももたろうはまんまをいっぱいたべたらいっぱいだけ、 二杯たべたら二杯だけずんずん大きくなって、たいへんな力もちになりました。

なにをおしえてもすぐおぼえ、いえのしごとから山のしごと までてつだってくれました。

「こんな子ども は めったにいるもんじゃない。」

おじいさんもおばあさんもいよいよももたろうをかわいがりました。

ところが、 そのころ、 おにどもがちょくちょく村へやってきてはわるいことをしていました。

「よし、 おらがたいじしてやる。」

ある日、 ももたろうは おじいさんとおばあさんのまえにりょう手をついていいました。

「おにがしまへおにたいじにいくから、 日本一のきびだんごをつくってくれ。」

「なにいうだ。 いくら力がつよくてもおまえのかてるあいてじゃない。」

ふたりは びっくりしてとめました が、ももたろうはしょうちしません。

「そんならしかたがない。」

おばあさんはたべれば百人力のでる日本一の きびだんご を つくってくれました。

おじいさんはあたらしいきものをだし、はたまでつくってくれました。

きりりとはちまきをしめ、 かたなをこしにさしたら、 つよそうなわかものになりました。

「まけたら、 しょうちせんぞ。」

「しっかりやってくるんだよ。」

おじいさんとおばあさんはなみだをこらえていいました。

「では、 いってまいります。」

ももたろうはむねをはり、 ぐいっとくちびるをかみました。

村はずれまでくるといぬがきました。

「ももたろうさん、 ももたろうさん、どこへいきなさる。」

「おにがしまへ、 おにたいじに。」

「こしにつけたものはなんでござる。」

「日本一のきびだんご。」

「そんならひとつくだされ、 おともします。」

「よし、 やろう。 ついてこい。」

山のほうへいくとさるがきました。

「ももたろうさん、 ももたろうさん、 どこへいきなさる。」

「おにがしまへおにたいじに。」

「こしにつけたものはなんでござる。」

「日本一のきびだんご。」

「そんならひとつくだされ、 おともします。」

「よし、 やろう。 ついてこい。」

山のおくへいくときじがとんできました。

「ももたろうさん、 ももたろうさん、どこへいきなさる。」

「おにがしまへおにたいじに。」

「こしにつけたものはなんでござる。」

「日本一のきびだんご。」

「そんならひとつくだされ、おともします。」

「よし、 やろう。 ついてこい。」

ももたろうはいぬとさるときじをひきつれ、いよいよおにがしまへしゅっぱつしました。

山 をこえ、 たにをこえ、 うみにでると、おにのふねがありました。

ももたろうたちはふねにのりこみました。

ふねはなみをけたててぐいぐいすすんでいきます。

「おにがしまがみえた ぞ。」

きじがさけびました。

おにがしまには大きな門がたっていました。

「たのもう。」

ももたろうが門をたたきました。 でも、へんじがありません。 そこでさるは門によじのぼり、 なかからかぎ をはずしました。

「おらは日本一のももたろう。おにどもかくごせい。」

ももたろうはかたなをぬいてとびこみました。

「なにをこしゃくなこぞうめが。」

おにどもはかなぼうをふりあげ、ももたろうにおそいかかってきました。

きじはくちばしでつっつき、さるはつめでひっかき、 いぬはかみつきました。

ももたろうは、 きってきってきりまくりました。 きびだんごをたべているので百人力です。

とうとうおにどもは一ぴきのこらずやっつけられました。

「まいった。いのちばかりはおたすけを。」

おにのおやぶんはりょう手をついてあやまりました。

「もう二どとわるいことはしない。たからもの をぜんぶ わたすからかんべんしてくれ。」

「よし、それならたすけてやろう。」

ももたろうはたからものをくるまにつんでえんやら えんやら村へもどってきました。

「やっぱりおらたちのももたろうは日本一。」

おじいさんとおばあさんがいったら村のひとたちも手をたたいて、

「日本一 のももたろう。」

といいました。

ももたろうは村のひとにもたからものをわけてあげ、 おじいさんとおばあさんと三人でいつまでもしあわせにくらしました。

日本の童話、桃太郎

 

むかし、 むかし、 あるところにおじいさんとおばあさんがいました。

おじいさんが山へ木を切りに行けば、おばあさんは川へ洗濯にでかけます。

「おじいさん、 はよう戻ってきなされ。」

「おばあさんも気お付けてな。」

まい日優しく言い合って出かけます。

ある日、 おばあさんが川で洗濯をしていたら、つんぶらこつんぶらこ、桃が流れてきました。

拾って食べたら、 なんとも 美味しくてほっぺたが落ちそう。

おじいさんにも食べさせてあげたいと思って、

「うまい桃こっちゃこい。にがい桃あっちゃいけ。」

と言ったら、どんぶらこどんぶらこ、でっかい桃が流れてきました。

おばあさんはよろこんで、桃を家に持って帰りました。

夕方おじいさん が山から戻ってきました。

「おじいさん、 おじいさん、 うまい桃を拾ったでめしあがれ。」

おばあさんが切ろうとしたら、桃がじゃくっと割れ、ほぎゃあほぎゃあ、男の赤ん坊が飛び出しました。

「こりゃあたまげた。」

「なんちゅう元気な赤ん坊だ。」

二人は慌ててお湯を沸かすやら着物を探すやら。

二人はこの子に桃太郎という名前をつけ、 それはそれは大事に育てました。

桃太郎はまんまを一杯食べたら一杯だけ、 二杯食べたら二杯だけずんずん大きくなって、大変な力持ちになりました。

なにを教えてもすぐ覚え、家の仕事から山の仕事まで手伝ってくれました。

「こんな子供はめったにいるもんじゃない。」

おじいさんもおばあさんもいよいよ桃太郎をかわいがりました。

ところが、 そのころ、 鬼どもがちょくちょく村へやってきては悪い事をしていました。

「よし、 おらが退治してやる。」

ある日、 桃太郎はおじいさんとおばあさんの前に両手をついて言いました。

「鬼ヶ島へ鬼退治に行くから、 日本一のきびだんごを作ってくれ。」

「何言うだ。 いくら力が強くてもお前の勝てる相手じゃない。」

二人はびっくりして止めましたが、桃太郎は承知しません。

「そんなら仕方がない。」

おばあさんは食べれば百人力のでる日本一のきびだんごを作ってくれました。

おじいさんは新しい着物を出し、旗まで作ってくれました。

きりりと鉢巻を締、 刀を腰に差したら、 強そうな若者になりました。

「負けたら、 承知せんぞ。」

「しっかりやってくるんだよ。」

おじいさんとおばあさんは涙をこらえて言いました。

「では、 行って参ります。」

桃太郎は胸を張り、 ぐいっと唇を嚙み締めました。

村外れまで来ると犬が来ました。

「桃太郎さん、 桃太郎さん、何処へ行きなさる。」

「鬼ヶ島へ、 鬼退治に。」

「腰に付けた物は何でござる。」

「日本一のきびだんご。」

「そんなら一つくだされ、お供します。」

「よし、 やろう。 ついてこい。」

山の方へ行くと猿がきました。

「桃太郎さん、 桃太郎さん、 何処へいきなさる。」

「鬼ヶ島へ鬼退治に。」

「腰に付けた物は何でござる。」

「日本一のきびだんご。」

「そんなら一つくだされ、お供します。」

「よし、 やろう。 ついてこい。」

山の奥へ行くとキジが飛んできました。

「桃太郎さん、 桃太郎さん、何処へいきなさる。」

「鬼ヶ島へ鬼退治に。」

「腰に付けた物は何でござる。」

「日本一のきびだんご。」

「そんなら一つくだされ、お供します。」

「よし、 やろう。 ついてこい。」

桃太郎は犬と猿とキジを引き連れ、いよいよ鬼ヶ島へ出発しました。

山を越え、 谷を越え、海に出ると、鬼の船がありました。

桃太郎たちは船に乗り込みました。

船は波を蹴立てぐいぐい進んでいきます。

「鬼ヶ島が見えたぞ。」

キジがさけびました。

鬼ヶ島には大きな門がたっていました。

「たのもう。」

桃太郎が門をたたきました。 でも、返事がありません。 そこで猿は門によじのぼり、 中から鍵を外しました。

「おらは日本一の桃太郎。鬼ども覚悟せい。」

桃太郎は刀を抜いて飛び込みました。

「何を小癪な小僧めが。」

鬼どもは金棒を振り上げ、桃太郎に襲い掛かってきました。

キジはくちばしで突っつき、猿は爪でひっかき、 犬は噛みつきました。

桃太郎は、 きってきってきりまくりました。 きびだんごを食べているので百人力です。

とうとう鬼どもは一匹残らずやっつけられました。

「まいった。命ばかりはお助けを。」

鬼の親分は両手をついて謝りました。

「もう二度と悪い事はしない。宝物を全部渡すから勘弁してくれ。」

「よし、それなら助けてやろう。」

桃太郎は宝物を車に積んでえんやらえんやら村へ戻ってきました。

「やっぱりおらたちの桃太郎は日本一。」

おじいさんとおばあさんが言ったら村の人達も手を叩いて、

「日本一の桃太郎。」

と言いました。

桃太郎は村の人にも宝物を分けてあげ、 おじいさんとおばあさんと三人でいつまでも幸せに暮らしました。